つくる責任、つかう責任。

素材そのものはもちろん、つくる過程も、処分をするときも、責任を持って環境と人に優しくあるように。想いを同じくするお客さまに選んでいただけるよう、わたしたちは「環境と人に優しい」造形づくりを目指しています。

01

環境と人に優しい

無溶剤で揮発成分がなく、有機溶剤(VOC*1 揮発性有機化合物)を含みません。
人体に影響があり、光化学スモッグの原因物質ともなるスチレンを使用していません。
他の材料(FRP、石膏、コンクリート)と比較すると軽量なため、運搬時CO2排出量が40%~53%削減できます。

02

軽くて耐水硬化が早い

他の材料(FRP、石膏、コンクリート)と比較すると軽量で、防水性があり温度変化(適正温度は-20℃から60℃)、紫外線にも強い特性があります。
吹き付け後1分程度で硬化するため、硬化に時間のかかるFRPに比べ製造効率をアップできます。

03

処分しやすい

ガラス繊維を含まないため、燃えるゴミとして焼却することができます。
リサイクルも可能です(サーマルリサイクル*2

  1. *1 VOC=大気中で気体となる揮発性有機化合物の総称。一部の物質は、「シックハウス症候群」の原因となります。
    浮遊粒子状物質(SPM)の原因物質。一定レベル以上の吸引により、呼吸器の悪い影響を及ぼします。
    オゾン等の酸化性物質で粘膜への刺激、呼吸影響、植物への影響を及ぼします。
  2. *2 サーマルリサイクル:廃棄物を単に焼却処理せず、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用すること
FOR A SUSTANABLE SOCIETY.

持続可能な社会のために。
できるところから換えていく。

FRPとの違い

FRP フツ・ラッシュ
毒性のある揮発成分を発しない(無溶剤型樹脂)*4
ケガのおそれがあるガラス繊維を使わない
光化学スモッグの原因物質を発しない
燃やせるゴミとして処理できる
製造効率が良い(台数/1日(0.25㎡程度)
(1型から2個)

(1型から12個)
  1. *4 FRPは硬化するまでに長時間を有し、その間スチレンを大気中に放出します。
    フツ・ラッシュは主剤と硬化剤が瞬時に反応することにより、無害のウレタン硬化物となるため問題ありません。

フツ・ラッシュ®が適しているもの

耐久性について

樹脂の耐久性は表面塗装を定期的にメンテナンスすることで、長期期間の使用可能です。
特殊な用途の場合は専門担当者により、製造方法を検討・提案します。

水中への設置

種類 海水 温泉水
温度 常温 温水(60度〜) 常温 温度に関わらず
使用 不可 不可
備考 塗装処理は不可 泉質に関わらず

柔らかな仕上げが可能

ハードタイプ

FRPと同等の硬度をもつ仕上がり。
衝撃に強く、工業製品の成形などにも適しています。

ソフトタイプ

柔軟性のある仕上がり。
スポンジ等柔らかな素材と組み合わせることでさらに可能性が広がります。